賢く使うには?

ウォーターサーバーを安く使う工夫

月額費用を考える上でいくつか注意しておきたい点があります。
ウォーターサーバーを利用するご家庭も、家族構成は様々だと思いますが、家族の人数が多いほど、一人当たりの費用は軽くなると考えてよいでしょう。
注文する量が多ければ多いほど、割引があったりしますし、ノルマが設定されているものならば、定期的に一定量を消費する必要があるからです。
自分の家庭で実際どれくらいの量を消費するのかという見極めが重要になってきます。

また、電気代を下げる工夫も忘れてはなりません。
給湯機能がある分、電気代が上がってしまいそうですが、節電機能を利用したりすることにより電気代の削減を行うことができます。

月額費用を減らす方法はまだまだ考えられるので検討してみましょう。

使いやすいものを選ぼう

ウォーターサーバーにも使いやすいものと、使いにくいものがあるでしょう。

例えば、一つのボトルを消費したときに新しいボトルに交換しなければいけませんが、人の背丈ほどあるサーバーで、ボトルが上部にあるものだと交換が大変です。
ボトルは10L前後の容量ですので、交換にはかなり力が必要です。
そのような労力を省けるのが、ボトルをサーバーの下部に設置するタイプのものです。

またボトルには二種類あり、使い捨てのボトルと使ったら業者に戻すボトルがあります。
前者の配達方法をワンウェイ方式、後者の配達方法をリターナブル方式といいます。
ワンウェイ方式の方が便利ですが、料金はリターナブル方式の方が安いことが多いようです。

是非、みなさんのご家庭にあったウォーターサーバーを見つけてみましょう。